投信スキルアップ講座

投信スキルアップ講座

投信をはじめる前に

仕組みの説明

投信について記載しています。投信とは正式名称を投資信託またはファンドと呼びます。その名の通り投資を信託する資産運用方法のことです。つまり、投資のプロにお金を預けて、運用を委託し生まれた利益を分配してもらう、というものです。

一般的によく知られている投資と言うと自分の資金を自分で運用する株式証券やFX、商品先物取引なんかが最近ではメジャーな投資方法ですが、投信やファンドなどの言葉そのものは目にしたり耳にしたこともある人が多いと思います。

これは投資信託銀行やMMファンドなどは銀行や証券会社では昔から取り扱っていた金融商品だからです。その仕組みは銀行預金とよく似ていて、投資信託用の口座を開いてお金を預け入れたら後は自分ですることは殆どありません。全て委託した投資のプロ(ファンドマネージャーと言います)にお任せです。

銀行預金との決定的な違いは銀行預金は放置していても自動的に利息がついていきますが、投信の場合は預かったお金を元手としてファンドマネージャーが世界中の株式や債権などを運用して利益を得て、その利益を、預かったお金の割合にしたがって配当として分配しています。

もう一つの大きな違いは銀行預金がペイオフによって保護されている上に銀行の破綻以外のリスクは伴わないのに比べ、投信はペイオフによって保護されていない上に損失を被るリスクを伴った商品だということです。どんなプロフェッショナルでも投資の世界では失敗はつきものです。ですから配当分配は利益だけでなく損失に対しても行われます。

損失が分配されたときは預けている元金が減ることになります。しかし利益を得た場合は銀行預金の利息など比べ物にならないほど大きいので、銀行預金に比べてハイリスクハイリターンな資産運用方法だと思ってください。しかしリスク軽減には様々な方法があります。

また預ける金融機関によって配当の高いファンドと低いファンドがあります。したがってより高い配当を低いリスクで受取ることが出来る方法を投資家は考えることになります。つまりは実際にお金を預けるまでの間=信託する金融機関を選ぶことがあなたが行う運用だと心得ましょう。

スポンサードリンク

How about 投信?

投信とは

投信のしくみ

基準価格

分配金

投信の魅力

投信の安全性

投信のメリットとデメリット

投信の4つのメリット

投信の4つのデメリット

リスク&リターン

リスクマネジメント

投信のコスト

投信と税金

投信を始める前に

制度としての分類

商品分類

「MMF」「MRF」「ETF」

「ファミリーファンド」「ファンドオブファンズ」

目論見書

運用報告書

購入と換金

商品選択について

購入から換金まで

購入してみよう

換金してみよう

ETF

ETFのメリットとデメリット

ETFの情報収集

ETFのコストと税金

J-RIET

J-RIETってなんだろう?

J-RIETのメリットとデメリット

J-RIETの情報収集

J-RIETのコストと税金

Copyright (C) 投信スキルアップ講座 All Rights Reserved