購入から換金まで 投信スキルアップ講座

投信スキルアップ講座

購入と換金

購入から換金まで

ここでは一般的な投信の購入から換金までの流れを説明します。まずは口座の開設と購入の申し込みです。

通常販売会社(銀行や証券会社)の窓口で申し込みして口座を開設しますが、販売会社によっては電話やインターネットでも申し込み可能です。申し込みが済んだら投資信託の購入代金を支払います。ネットからの申し込みの場合、銀行振り込みやクレジットカード決済が一般的な支払い方法です。

入金が販売会社で確認されたら2~3日で取引報告書が送付されてきます。これで取引可能な状態となります。運用中は取引の明細や預かり残高などについての通知が定期的に届けられます。その後ファンドの決済日になると運用報告書が送付されてきますが、通常は年に1~2回の頻度です。分配金を受取るか再投資を行うかの意思表示をするとそれぞれ分配金についてのお知らせか分配金再投資についてのお知らせが届きます。

内容をしっかりと把握しましょう。分配金を受取る場合は換金となりますが、換金は申し込みから大体4営業日前後かかります。受取り方法は販売会社の窓口で受取るか指定した銀行口座に振り込んでもらうかのいずれかになります。

(稀に書留などの受け取り方法もあるので販売会社の窓口で確認してください)なお決算日以降も継続して運用を続ける長期運用タイプの投資信託の場合は償還金を受取ることが出来ます。償還金については償還日が設定されていて期日になると償還金のお知らせという通知が届きます。さらに5営業日以内に償還金の支払いが開始され償還報告書が送付されてきます。

スポンサードリンク

How about 投信?

投信とは

投信のしくみ

基準価格

分配金

投信の魅力

投信の安全性

投信のメリットとデメリット

投信の4つのメリット

投信の4つのデメリット

リスク&リターン

リスクマネジメント

投信のコスト

投信と税金

投信を始める前に

制度としての分類

商品分類

「MMF」「MRF」「ETF」

「ファミリーファンド」「ファンドオブファンズ」

目論見書

運用報告書

購入と換金

商品選択について

購入から換金まで

購入してみよう

換金してみよう

ETF

ETFのメリットとデメリット

ETFの情報収集

ETFのコストと税金

J-RIET

J-RIETってなんだろう?

J-RIETのメリットとデメリット

J-RIETの情報収集

J-RIETのコストと税金

Copyright (C) 投信スキルアップ講座 All Rights Reserved