投信4つのメリット 投信スキルアップ講座

投信スキルアップ講座

投信のメリットとデメリット

投信4つのメリット

投信には4つの大きなメリットがあります。ここではそんな投信のメリットについて述べていきましょう。一つ目のメリットは少額で始められるということです。通常、東京証券取引所に上場している株式投資や債権投資の場合、数千万円の資金が必要となります。

しかし投資信託では小口で投資家から資金を集め、それを信託銀行に信託財産として集約して一つの大きな資産とします。それを元金に運用会社が投資と運用の計画を立てて取引指図を行うので個人投資家は1万円程度の資金があれば投資信託を始めることが可能です。二つ目のメリットは株式や債券などに分散投資できるということです。投資を成功させるコツはいかに大きな利益を出すかより、損失を少なく抑えるかという事にウェイトを置いた取引が出来るかどうかにかかっています。

その為の基本はいくつかの商品を分けて購入する分散投資が最も効果的だと言われています。しかし個人投資家が自力で分散投資しようとすると、より多くの資金が必要ですが、投資信託の場合は小口で資金を集めて大きな資金として色んな方法で投資するため、自動的にリスクが分散される事になります。元々投資信託誕生のきっかけとなった考え方がリスク分散型投資方法なのです。

3つ目のメリットは専門家が投資、運用をしてくれるというところです。投資を行う場合、専門的な用語や相場の読み方などを知識として取得しておかなければ有利に取引を進めることが出来ません。これを個人で行おうと思ったら大変な労力と時間とコストがかかってしまいます。ところが投信信託なら金融のプロであるファンドマネージャーや信託銀行が協力し合って投資家に代わって投資と運用を行います。

また個人では買いにくい海外の株式や債券あるいは特殊な金融商品への投資も可能となります。最後4つ目のメリットは投信信託上の取引価格である基準価額は毎日公表されています。ですから値動きや資産価値が一目瞭然です。そして投信を運用している各機関は決算ごとに監査法人による監査を受けているので透明性が高く安心して委託できる金融商品だといえるでしょう。

スポンサードリンク

How about 投信?

投信とは

投信のしくみ

基準価格

分配金

投信の魅力

投信の安全性

投信のメリットとデメリット

投信の4つのメリット

投信の4つのデメリット

リスク&リターン

リスクマネジメント

投信のコスト

投信と税金

投信を始める前に

制度としての分類

商品分類

「MMF」「MRF」「ETF」

「ファミリーファンド」「ファンドオブファンズ」

目論見書

運用報告書

購入と換金

商品選択について

購入から換金まで

購入してみよう

換金してみよう

ETF

ETFのメリットとデメリット

ETFの情報収集

ETFのコストと税金

J-RIET

J-RIETってなんだろう?

J-RIETのメリットとデメリット

J-RIETの情報収集

J-RIETのコストと税金

Copyright (C) 投信スキルアップ講座 All Rights Reserved