投信のコスト 投信スキルアップ講座

投信スキルアップ講座

投信のメリットとデメリット

投信のコスト

ここでは投資家であるあなたが投信(投資信託)の取引を行うにあたり、どんなコストを負担するのかを説明していきます。まず投信信託を購入する時に発生するコストは販売手数料です。これは販売会社に支払うものです。次に運用期間中は信託財産から間接的に信託報酬なるものが差し引かれます。これは運用にかかる費用や運用報告書の作成、発送費、信託財産保管のための費用などをまかなうための費用です。

これは運用会社、販売会社、信託銀行にそれぞれ配分されます。そして更に、信託財産からは「監査報酬」「売買委託手数料」が差し引かれ、換金時に「信託財産留保額」が発生するファンドもありますので注意しましょう。これらコストの確認する方法は投資信託を購入する際に目論見書で確認することが出来ますので必ず確認することを忘れないで下さい。コストに対するバランス感覚は投資家として非常に重要なスキルです。それではもう少し具体的にコストの内容を見てみることにしましょう。

「販売手数料」は投信購入時に窓口で支払います。金額は申し込み金額の数%程度で稀に換金時支払う場合もあります。ファンドや販売会社によってはこの販売手数料がかからない場合もあります。これをノーロードと言います。「信託報酬」は運用期間中に信託財産から間接的に支払われています。

これは保有数によって年率で%支払うかが目論見書などに記載されています。「監査報酬」は信託報酬同様、運用中に信託財産の中から間接的に支払われています。こちらは運用にかかる必要経費的なコストですので事前に金額を提示することができません。「信託財産留保額」これは換金時に直接窓口で支払います。

これは換金に要する費用だと理解すればよいでしょう。投資信託によってはこの信託財産留保額を徴収しないケースもあります。これらのコスト以外にも投資信託、あるいは金融機関によってコストが発生する場合もあります。詳細は目論見書に必ず記載されているはずですので、確認する習慣をつけましょう。

スポンサードリンク

How about 投信?

投信とは

投信のしくみ

基準価格

分配金

投信の魅力

投信の安全性

投信のメリットとデメリット

投信の4つのメリット

投信の4つのデメリット

リスク&リターン

リスクマネジメント

投信のコスト

投信と税金

投信を始める前に

制度としての分類

商品分類

「MMF」「MRF」「ETF」

「ファミリーファンド」「ファンドオブファンズ」

目論見書

運用報告書

購入と換金

商品選択について

購入から換金まで

購入してみよう

換金してみよう

ETF

ETFのメリットとデメリット

ETFの情報収集

ETFのコストと税金

J-RIET

J-RIETってなんだろう?

J-RIETのメリットとデメリット

J-RIETの情報収集

J-RIETのコストと税金

Copyright (C) 投信スキルアップ講座 All Rights Reserved