ETFって何だろう? 投信スキルアップ講座

投信スキルアップ講座

ETF

ETFって何だろう?

ETFとは「Exchange Traded Funds」の略称で、証券取引所に上場している株価指数などへの連動を目指す投資信託です。と言われてすぐに理解できる人ならこのサイトを読んではいないですね。

株価指標として代表的なものにTOPIXと呼ばれる東証株価指数がありますのでTOPIXを例にして説明しましょう。TOPIXとは東京証券取引所によって発表される東証第1部に上場している全銘柄の株価の動きを反映した指数のことです。

このTOPIXの動きに合わせた値動きをさせることを連動すると言います。ETFの場合あくまでも株価指数への連動を目指すということなので完全にシンクロしているわけではありませんが、ほぼ同様の値動きで推移していくように運用されます。

なぜこのような運用方法をとるかと言えば、投資家がETFを保有することでTOPIX全体に投資しているのと同様の投資効果が得られるからなのです。ETFにはTOPIXに連動したものだけでなく、一部投資信託の仕組みを用いていないものや外国の法律に基づいた外国籍ETFなどもあります。どのようなETFを取り扱っているかは販売会社の窓口で確認してください。ETFには現物拠出型とそれ以外のタイプに分けることができます。

現物拠出型とはまず証券会社や機関投資家などの指定参加者が買い付けた現物株をひとまとめにして運用会社に拠出します。これを現物株バスケットと言います。運用会社では拠出された現物株を元にETFを設定し、指定参加者は運用会社からETFの持分を示す受益証券を受取ります。つまり指定参加者と運用会社で現物株バスケットとETFのやり取りを行っているのです。

この時現物株バスケットが全てTOPIX銘柄であればETFとTOPIXが連動することとなります。一般投資家は見かけ上、証券取引所に上場されたETFを市場で売買することで取引を行うことになります。現物拠出型ではないETFにリンク債型があります。

これは指定参加者が運用会社に拠出するのは現物株バスケットではなく金銭という事になります。拠出された金銭は運用会社によってETFが設定され、リンク債に投資されます。リンク債型ETFは現物拠出が難しい新興国の株価指数に連動させる場合に採用されます。

スポンサードリンク

How about 投信?

投信とは

投信のしくみ

基準価格

分配金

投信の魅力

投信の安全性

投信のメリットとデメリット

投信の4つのメリット

投信の4つのデメリット

リスク&リターン

リスクマネジメント

投信のコスト

投信と税金

投信を始める前に

制度としての分類

商品分類

「MMF」「MRF」「ETF」

「ファミリーファンド」「ファンドオブファンズ」

目論見書

運用報告書

購入と換金

商品選択について

購入から換金まで

購入してみよう

換金してみよう

ETF

ETFのメリットとデメリット

ETFの情報収集

ETFのコストと税金

J-RIET

J-RIETってなんだろう?

J-RIETのメリットとデメリット

J-RIETの情報収集

J-RIETのコストと税金

Copyright (C) 投信スキルアップ講座 All Rights Reserved