投信のしくみ 投信スキルアップ講座

投信スキルアップ講座

How about 投信?

投信のしくみ

投信は「販売」「運用」「資産の保管」などの役割をそれぞれ専門機関が担っています。販売を担っているのは主に証券会社、銀行、ゆうちょなどで、そこを窓口に多くの投資家から資金を集めます。集められたお金は一つにまとめられ、資産管理を行う信託銀行に保管されます。

そして投資信託運用会社は投資プランを作成し、信託銀行に運用指示を出し、信託銀行はその指示にしたがって投資と運用を行います。この指示のことを運用指図と言い、この権限を有しているのは投資信託運用会社です。

それでは「販売」「運用」「資産の保管」を担うそれぞれの専門機関の働きをもう少し具体的に説明しましょう。証券会社、銀行、ゆうちょ等販売を担当する金融機関は投資家ごとの口座管理や投資信託の販売、配当の分配や償還金の支払い、換金を行います。また投資信託の窓口となり、投資家からの質問に答えたり相談にのったりもします。

運用を担当するのは投資信託運用会社で経済、金融情勢に関するさまざまなデーターの収集、分析を行い、投資信託を作成し、信託銀行に運用指図を出します。したがって投資信託の中枢となるのは投資信託運用会社と言っても良いでしょう。

投資家から集められた資金を保管、管理を行うのは信託銀行と呼ばれる機関です。一方では投資信託運用会社から出された運用指図に従い、株式や債券などの取引を行っています。また信託銀行では投資家から集めた資金を信託財産として、自社の財産とは別に保管、管理を行っています。

これを分別管理と言います。言ってみれば信託銀行は信託投資の金庫番だと思ってください。投資信託運用会社と信託銀行は法律上、「受託者」と呼ばれます。

スポンサードリンク

How about 投信?

投信とは

投信のしくみ

基準価格

分配金

投信の魅力

投信の安全性

投信のメリットとデメリット

投信の4つのメリット

投信の4つのデメリット

リスク&リターン

リスクマネジメント

投信のコスト

投信と税金

投信を始める前に

制度としての分類

商品分類

「MMF」「MRF」「ETF」

「ファミリーファンド」「ファンドオブファンズ」

目論見書

運用報告書

購入と換金

商品選択について

購入から換金まで

購入してみよう

換金してみよう

ETF

ETFのメリットとデメリット

ETFの情報収集

ETFのコストと税金

J-RIET

J-RIETってなんだろう?

J-RIETのメリットとデメリット

J-RIETの情報収集

J-RIETのコストと税金

Copyright (C) 投信スキルアップ講座 All Rights Reserved