J-RIETって何だろう? 投信スキルアップ講座

投信スキルアップ講座

J-RIET

J-RIETって何だろう?

J-REITは少し変わった投信です。何が変わっているかと言うと、これまで説明してきた投資信託とは全て株式や債券などが投資目的でした。しかしJ-REITでは投資家から集めた資金でオフィスビルや商業施設、マンションなどの不動産を購入し、家賃収入や売買益で得た利益を分配するシステムだからです。不動産投資を行う投資信託と言うわけです。J-REITはアメリカ生まれの投資方法で「Real Estate Investment Trust」の略です。日本では頭にJをつけてJ-REITと呼ばれるようになりました。

なおJ-REITは証券取引所に上場されています。またJ-REITは「会社」として機能しています。これは法律上「不動産投資法人」として扱われているからです。したがって通常の株式会社のように意思決定をするための「取締役会」が設置されます。

ただし、J-REIT自体が運用などの実質的な業務を行うことは法律上禁止されているので、購入した不動産の運用などは投資信託の運用会社に、資産保管は資産保管会社に、一般事務は事務受託会社にそれぞれ役割が割り振られています。このように運用と資産管理、実務とが分業されているところに投資信託らしい面影があります。

またJ-REITは取締役会だけでなく、株主総会にあたる「投資主総会」も設置されていて、取締役の選任などで投資家が意思を示すことができるシステムになっています。J-REITの運用方法は株式会社の株式に該当する「投資証券」を発行し、投資家はこの投資証券を購入する仕組みです。

こうして投資家から徴収した資金を元にJ-REITは不動産投資を行い家賃収入や物件そのものの売買益を得てその収益を投資家に分配します。また株式会社のように金融機関から資金融資を受けたり、社債に該当する投資法人債を発行して資金調達することもあります。

スポンサードリンク

How about 投信?

投信とは

投信のしくみ

基準価格

分配金

投信の魅力

投信の安全性

投信のメリットとデメリット

投信の4つのメリット

投信の4つのデメリット

リスク&リターン

リスクマネジメント

投信のコスト

投信と税金

投信を始める前に

制度としての分類

商品分類

「MMF」「MRF」「ETF」

「ファミリーファンド」「ファンドオブファンズ」

目論見書

運用報告書

購入と換金

商品選択について

購入から換金まで

購入してみよう

換金してみよう

ETF

ETFのメリットとデメリット

ETFの情報収集

ETFのコストと税金

J-RIET

J-RIETってなんだろう?

J-RIETのメリットとデメリット

J-RIETの情報収集

J-RIETのコストと税金

Copyright (C) 投信スキルアップ講座 All Rights Reserved