J-REITの情報収集 投信スキルアップ講座

投信スキルアップ講座

J-RIET

J-REITの情報収集

J-REITは投信であり、また上場株取引であり、不動産投資でもあります。また株式会社と同じ扱いであるためJ-REITの購入には2種類の方法があります。

1つはJ-REITが新規に設立される場合で、この時は新たに公募が始まります。もう1つは既存のJ-REITが改めて資金を集める場合でこれを公募増資と言います。

いずれのJ-REITも購入の際には証券会社から投資家に対して「交付目論見書」が交付されます。また投資家が希望すると「請求目論見書」の交付を受けることも出来ます。交付目論見書は通常の投資信託同様、商品の仕組みや特色、運用方法や体制、投資リスク、申し込みや換金手続きなどの基本的な情報が具体的に記載されている冊子です。

一方請求目論見書とは交付目論見書に追加される詳細な情報が記載されています。また目論見書と同様の内容は有価証券届出書として財務局でも閲覧可能な他、インターネットでは証券引所のホームページやEDINETでも閲覧することが出来ます。

また不動産投資の側面として資産運用報告書が投資家に対して交付されます。これには保有物件の紹介や投資法人の運用状況、分配金等の実績状況、今後の運用方針などの情報が新規取得物件や保有物件の写真とともに記載されています。

J-REITは年2回の決算を行っています。資産運用報告は決算の際に作成され投資家に交付されることになります。また証券取引所に上場されているので証券取引所のホームページや不動産投資法人のホームページでもダウンロード可能です。

このようにJ-REITに関する情報は証券取引所のホームページから閲覧可能であり、J-REIT(不動産投資法人)のホームページではダウンロードすることも可能です。ですからJ-REITを購入することを検討している人は是非インターネット環境を整えることをお勧めします。

スポンサードリンク

How about 投信?

投信とは

投信のしくみ

基準価格

分配金

投信の魅力

投信の安全性

投信のメリットとデメリット

投信の4つのメリット

投信の4つのデメリット

リスク&リターン

リスクマネジメント

投信のコスト

投信と税金

投信を始める前に

制度としての分類

商品分類

「MMF」「MRF」「ETF」

「ファミリーファンド」「ファンドオブファンズ」

目論見書

運用報告書

購入と換金

商品選択について

購入から換金まで

購入してみよう

換金してみよう

ETF

ETFのメリットとデメリット

ETFの情報収集

ETFのコストと税金

J-RIET

J-RIETってなんだろう?

J-RIETのメリットとデメリット

J-RIETの情報収集

J-RIETのコストと税金

Copyright (C) 投信スキルアップ講座 All Rights Reserved