「MMF」「MRF」「ETF」 投信スキルアップ講座

投信スキルアップ講座

投信を始める前に

「MMF」「MRF」「ETF」

商品区分の独立区分には「MMF」「MRF」「ETF」とがありますが、これらは一体どのような投資信託なのでしょうか?ここでは「MMF」「MRF」「ETF」について解説していきます。

MMFはマネーマネジメントファンドの略称です。主に国内外の公社債や短期の金融商品を中心に投資、運用されるもので毎日決算が行われています。税制上は公社債投資信託に分類されます。購入および換金は1円以上1円単位で行われています。

一般的にMMFにかかるコストは、買い付けから30日未満で換金すると1万口につき10円の信託財産留保額がかかります。MRFはマネーリザーブファンドの略称です。こちらはリスクの低い国内外の公社債や短期の金融商品を中心に投資、運用する公社債投資信託です。MRFも毎日決算が行われています。

またMRFは証券総合口座に一旦資金をプールしておくためにも利用されていて、受益者数も多い商品となっています。購入及び換金は1円以上1円単位で行われます。ETFはエクスチェンジトレーディドファンドの略称です。

直訳すると上場投資信託のことでTOPIX(東証株価指数)や日経平均株価などの指標に連動する形で運用されています。上場投資信託の名前が示しているように証券取引所に上場されている投資信託です。一般的にみてMMFはMRFよりもハイリスクハイリターンな商品だといえます。

ETFの場合は国内の株式が投資の中心ですので、海外の公社債や株式を取引するMMFやMRFとのリスク比較は難しいといえます。投信初心者の方はまずMRFを中心に購入を検討されると良いかもしれませんね。

スポンサードリンク

How about 投信?

投信とは

投信のしくみ

基準価格

分配金

投信の魅力

投信の安全性

投信のメリットとデメリット

投信の4つのメリット

投信の4つのデメリット

リスク&リターン

リスクマネジメント

投信のコスト

投信と税金

投信を始める前に

制度としての分類

商品分類

「MMF」「MRF」「ETF」

「ファミリーファンド」「ファンドオブファンズ」

目論見書

運用報告書

購入と換金

商品選択について

購入から換金まで

購入してみよう

換金してみよう

ETF

ETFのメリットとデメリット

ETFの情報収集

ETFのコストと税金

J-RIET

J-RIETってなんだろう?

J-RIETのメリットとデメリット

J-RIETの情報収集

J-RIETのコストと税金

Copyright (C) 投信スキルアップ講座 All Rights Reserved