「ファミリーファンド」「ファンドオブファンズ」 投信スキルアップ講座

投信スキルアップ講座

投信を始める前に

「ファミリーファンド」「ファンドオブファンズ」

投信の中には投資信託が投資信託を買うという特殊な運用を行う「ファミリーファンド」と「ファンドオブファンズ」と言う運用スタイルがあります。「ファミリーファンド」とは先ず主な投資対象となる投資信託を決めこれを親ファンドと呼びます。

次に投資家が投資を行う投資信託をベビーファンド(または子ファンド)として設定します。投資家はこのベビーファンドに投資を行いそこから得た利益を元に親ファンドへの投資を行うという運用方法です。言い換えれば株式や債券への投資を親ファンドで行い、親ファンドの受益証券をベビーファンドが買い付けるやり方です。

この方式のメリットはベビーファンドの純資産が少なくても親ファンドでは十分な資金を確保できるというところがあります。また異なる種類の投資信託、例えば公募、確定居室年金向けなどの異なるビジネスであっても、共通の親ファンドで運用すれば親ファンドのパフォーマンスを異なるベビーファンドで享受することが出来ます。

また外国証券に投資する際に為替ヘッジの有無で2コース設け、共通の親ファンドで運用するなどフレキシブルな運用が可能な方式です。一方ファミリーファンドと同じように投資信託で投資信託を買う方法に「ファンド・オブ・ファンズ」があります。こちらの仕組みはファミリーファンドよりも単純です。ファンド・オブ・ファンズを直訳すると「複数の投資信託から成る投資信託」と言う意味になります。つまり複数の投資信託を組み合わせたパッケージと思って良いでしょう。

通常の投資信託では銘柄分散や資産分散などを行ってリスク分散を図りますが、ファンド・オブ・ファンズでは更に運用会社やスタイルの分散まで図ることが可能なのです。

ファミリーファンドとの最も大きな違いはファンド・オブ・ファンズが投資の対象とするのが自社ファンドに限らず、他の運用会社のファンドを用いる場合もあり、直接投資家が購入できるファンドへの投資も可能ですが、ファミリーファンドの場合は親ファンドとベビーファンドとは同一の運用会社のもので無ければならず、親ファンドを直接投資家が購入することは出来ません。コスト面でもファンド・オブ・ファンズは信託報酬が徴収されますが、ファミリーファンドでは信託報酬が徴収されないという違いがあります。

スポンサードリンク

How about 投信?

投信とは

投信のしくみ

基準価格

分配金

投信の魅力

投信の安全性

投信のメリットとデメリット

投信の4つのメリット

投信の4つのデメリット

リスク&リターン

リスクマネジメント

投信のコスト

投信と税金

投信を始める前に

制度としての分類

商品分類

「MMF」「MRF」「ETF」

「ファミリーファンド」「ファンドオブファンズ」

目論見書

運用報告書

購入と換金

商品選択について

購入から換金まで

購入してみよう

換金してみよう

ETF

ETFのメリットとデメリット

ETFの情報収集

ETFのコストと税金

J-RIET

J-RIETってなんだろう?

J-RIETのメリットとデメリット

J-RIETの情報収集

J-RIETのコストと税金

Copyright (C) 投信スキルアップ講座 All Rights Reserved