目論見書 投信スキルアップ講座

投信スキルアップ講座

投信を始める前に

目論見書

目論見書とは投信の説明書のようなもので別名投資信託説明書とも呼ばれています。投資家が投資信託を購入する前に必ず手渡されますのでよく目を通しておくようにしましょう。

購入する投資信託に関する重要事項が多数記載されています。目論見書は運用会社が作成し、販売会社が投資家に渡します。記載されている情報としては主に次にあげるような項目があります。

注目したい項目から順番に説明していきますので、購入の際の目安にしてください。先ず最初に目を通すべき項目は信託期間や決算日、買い付け単位などファンドの基本的な情報や手数料などが記載されているファンドの概要です。

ここでざっとファンドのアウトラインを掴んでおきましょう。次にそのファンドの目的やどのような資産に対してどのように投資するかを記載しているファンドの特色です。そのファンドの安全性や運用法などはここである程度把握できます。

さらに申し込みに関しての留意事項ですがここには投資信託のリスクなどについて記載されています。これも大変重要ですね。運用実績には基準価額の推移や騰落率などが記載されています。

この運用実績で過去の損益が確認できます。なお、目論見書には交付目論見書と請求目論見書があり、投資信託購入時に販売会社から渡されるのは交付目論見書です。これに投資信託の基本的かつ重要な情報が記載されています。

一方請求目論見書は投資家から換金などの請求があった際に交付される目論見書で追加情報が記載されています。投資信託によっては交付目論見書と請求目論見書が1冊にまとめられている場合もあります。

スポンサードリンク

How about 投信?

投信とは

投信のしくみ

基準価格

分配金

投信の魅力

投信の安全性

投信のメリットとデメリット

投信の4つのメリット

投信の4つのデメリット

リスク&リターン

リスクマネジメント

投信のコスト

投信と税金

投信を始める前に

制度としての分類

商品分類

「MMF」「MRF」「ETF」

「ファミリーファンド」「ファンドオブファンズ」

目論見書

運用報告書

購入と換金

商品選択について

購入から換金まで

購入してみよう

換金してみよう

ETF

ETFのメリットとデメリット

ETFの情報収集

ETFのコストと税金

J-RIET

J-RIETってなんだろう?

J-RIETのメリットとデメリット

J-RIETの情報収集

J-RIETのコストと税金

Copyright (C) 投信スキルアップ講座 All Rights Reserved